自販機1台3.2分の補充時間短縮、営業車との往復が1回で作業完結

ストラテジー自販機 – 776255

対応のスマホ自販機でドリンクを買うとスタンプが1つ貯まり、それを15個集めると無料のドリンクチケットがもらえるスマートフォンアプリ「 Coke ON 」。そのダウンロード数は、いよいよ1,万の大台に乗ろうとしています。また、4月には歩くだけでスタンプが貯まっていく「 Coke ON ウォーク 」の機能も追加され、健康志向の女性のユーザーも増加中。 ただのスタンプカードアプリにとどまらない「 Coke ON 」が牽引するデジタルマーケティングの未来とは、どんなものなのでしょうか。その現在とこれからについて、マーケティング本部 iマーケティング統括部長の豊浦洋祐に話を聞きました。

“BrightStor”

前回「 『コカ・コーラ パーク』から『Coke ON』へ、日本コカ・コーラがモバイル+自販機で打つ次の一手 」では、年4月に始まったモバイルアプリ「Coke ON」と「スマホ自販機」を軸に展開する新たなデジタル戦略の概要と、「コカ・コーラ パーク」閉鎖のいきさつについて、日本コカ・コーラ IMC iマーケティング統括部長の豊浦洋祐氏に聞きました。インタビューとなる後編では、日本コカ・コーラが描くマーケティングゴールと、デジタルマーケターが目指すべき目的について、豊浦氏と山口氏がさらに深く語ります。 山口  Coke ONにおける戦略決定は豊浦さんの所属するマーケティング本部 IMC(Integrated Marketing Communication)が推進してきたのでしょうか。 豊浦  IMCはスマホアプリ設計とブランディングを担います。KPIとしてアプリのダウンロード数の増加に責任を持ちます。スマホ自販機の数をどう拡大していくかは自販機チームとボトラーが管理していますので、これまでは生活圏への浸透状況を見ながら少しずつダウンロード数を伸ばすようにしてきました。しかし、11月末にスマホ自販機が10万台を超えました。国内のコカ・コーラ自販機総数は約98万台ですから10%以上がスマホ対応になってインフラも整い始めたということです。そこで、オンラインメディアで動画広告も開始し、12月5日からはテレビCMも打っています。現時点で万ダウンロードほどですが、12月末までに万ダウンロードを目指します(編注:取材日時点)。 山口  実は私、昨日実際にCoke Onアプリを使おうとしたら自販機が反応せずに諦めたのですが、まだスマホ自販機ではないものに当たってしまったのですね(笑)。このようなユーザーを減らすための活動が今まさに本格化していると思うのですが、今後の展開についても教えてください。 豊浦  Coke ONは日本コカ・コーラにとって「デジタルストラテジー3。

日経クロステック Special

株式会社JR東日本ウォータービジネス (ジェイアールひがしにほんウォータービジネス)は、 清涼飲料 卸 、飲料 自動販売機 事業などを行う、 東日本旅客鉄道 (JR東日本)の 連結子会社 で、 JR東日本リテールネット の 完全子会社 。 自社のオリジナル商品「 From AQUA 」の ミネラルウォーター 、および、一般の飲料水メーカーとの共同企画商品で構成される。 これら商品には、オリジナルブランド「acure made」のマークが表記されている(一部商品を除く。ブランド誕生前は、会社のロゴデザインが表記されていた)。

モバイル+自販機で展開する日本コカ・コーラの新デジタル戦略について山口義宏氏が斬り込むインタビュー企画の後編。最先端の施策で同社が目指すものとは何か。

1 7 1 0 1 1 1 10 7 5 1 7 1 1 1 1 2 1 1 8 1 5 10 1 6 8 5 9 13 7 10 0 1 WA 12 3 1 9A 2 19 1 1 1 1 1 0. Follow casinohikaku Tweets by casinohikaku.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*