1000万円稼ぐ人もカジノ実現で「ディーラー」希望者が急増中

カジノドル女性ディーラー – 286514

はたして真相は? カジノディーラー育成学校「日本カジノ学院」に聞いた。

年俸1000万円超のディーラーもいる

オックスフォード・エコノミクスが、年に発表したレポート「Beyond :統合型リゾート(IR)の実現がもたらす日本の観光業の発展及び経済的インパクト」によれば、東京圏および大阪圏にそれぞれIRが1カ所ずつ建設されると想定した場合、雇用の創出はIRおよびその付随施設のみで東京圏で3万人、大阪圏で2万人と算出されている。相当な雇用創出力だ。 高橋洋一「ニュースの深層」 長谷川幸洋「ニュースの深層」 伊藤博敏「ニュースの深層」 町田徹「ニュースの深層」 歳川隆雄「ニュースの深層」 田崎史郎「ニュースの深層」 山崎元「ニュースの深層」 井上久男「ニュースの深層」。

「カジノディーラー」の記事一覧

ゲストを楽しませ、とびっきりの時間を演出 カジノに遊びに来るゲスト(プレーヤー)は実に様々。あまりゲームを知らない人やゲームを楽しみたい人、勝負にこだわる人など、いろいろなプレーヤーが来場します。これらの人々のレベルに合わせて「楽しい時間を演出」して、気持ちよくカジノを楽しんでいただける配慮をするのもディーラーの仕事。 ウィットに富んだ会話、スムーズなゲーム進行、そして飲み物の注文にも気を配りながら、ゲームのスリルも楽しんでいただく。すべてディーラーのウデ次第です。「今日は楽しかった、また明日来ますね」とゲストに言われた時が、ディーラーとしての最高の喜びです。 洗練されたおもてなしを提供し、カジノの中心的な役割を果たす究極のサービス業、それがカジノディーラーです。 G O TO TOP。 カジノは今やアジアでのトレンド産業。日本でも開業準備着々と 現在世界一のカジノ売上を誇るマカオでは、約40ヵ所のカジノが開設されており、3万人のディーラーがいます。市場開放前と比較すると失業率は4%台から1%台へと大幅に改善し、カジノは地元の雇用促進に大きく貢献しています。シンガポールでは年に2ヵ所のIR カジノを含む統合型リゾート が開業し、大きな雇用と経済効果を生んでいます。そのシンガポールを抜く勢いにあるのがフィリピンで、現在首都のマニラ湾岸地区と空港隣接地区にカジノを併設した大規模リゾートが4ヵ所開業、5ヵ所目の開業の準備が進んでいます。お隣の韓国でも、仁川空港近隣に3ヵ所の大型カジノリゾートが計画中で、日本企業と韓国企業の合弁ですでに1ヵ所が開業しています。南のサイパンでも本島初のカジノが年より本格稼働し始めています。今やアジアにおいてカジノは国際的な観光拠点として都市のトレンド産業となっています。 政府は年11月にIR誘致申請期間を年1月4日から7月30日までとすることを発表しました。国内3ヵ所のIR認定区域は、年夏以降には決定する見込みで、各自治体、事業者の活動が熱をおびてくるでしょう。 ディーラーより上の 管理職も必要になります カジノのゲームフロアには、テーブルゲームのディーラー部門だけでも多くのポジションがあります。ディーラーからフロアパーソン、ピットマネージャー、シフトマネージャー、ゲーミングマネージャーと階級が上がって行きます。 飛び級でステップアップすることはほとんどなく、まずはディーラーからスタートして、ひとつずつステップアップして行くことになります。 すでに日本カジノスクール卒業生が、海外のカジノでディーラーよりも上のポジションに昇級し活躍しています。本物のカジノでの管理職の経験がある人は、日本にカジノができた際は貴重な人材として高待遇で迎え入れられることでしょう。 実際にお金を扱う仕事であるカジノディーラーに求められるのは「誠実さ」。海外のカジノでは雇用時に警察や金融機関によるバックグラウンドチェック(犯罪歴、クレジットヒストリー等)にパスすることがカジノで働くための第一条件です。また「次に出てくるカードを全部知っている」「ルーレットで狙った数字に玉を入れることができる」「お客様を勝たせたり負けさせたり自由に操れる」と思っている方も多いようですが、じつはこれ、すべて嘘なんです。カジノディーラーに求められるのは公平さと誠実さ。ごまかしや不正につながる動作を行うことはカジノ側から禁止されています。 もちろん、「計算が得意」「手先が器用」「接客が好き」であることに越したことはありませんが、計算や手さばきは練習で誰でも上達します。接客についても場数を踏むことによってカジノディーラーに必要なおもてなし方法を学ぶことができます。海外では第二の人生として退職後にカジノディーラーに転身する人も多く、年齢や性別に関わらず誰にでも目指せる人気の職業となっています。

カジノディーラーの平均年収を比較し、調べて、転職や就職に活かす検証、分析サイトです。

カジノディーラー は、じつは女性もたくさん活躍している職業であり、海外では女性のディーラーのほうが多いといわれています。 HOME カジノディーラー なるには 女性のカジノディーラー。 トップ 記事一覧 関連職業 職業カテゴリー。

実は女性のカジノディーラーの方が多い!安全に高収入を期待できる環境なの?

カジノディーラーの年収の平均は、 万円 でした。(海外サイト・海外口コミ調べ) 最大年収:約万円 平均年収範囲は 万円~万円 となっています。 お給料(月収):約46万円 最大年収:万円以上 日本ではまだカジノ自体が違法なため正規のカジノディーラーは存在しません。そのため海外の情報から集めました。 カジノディーラーの給与体系はほとんどのカジノが時給と、カジノで遊ぶお客様から貰うチップが給料になっています。 時給もその国やアメリカだとその州が定めた最低賃金のところがほとんどのようです。 例えば有名なカジノがあるラスベガスがあるネバダ州の最低賃金は時給約円なので、仮にカジノディーラーとしてラスベガスで1日に8時間働いても円です。 フルタイムで月に20日働いたとして月給14万万円で、これにお客様から貰うチップが加算されます。 そのためカジノディーラーの年収は働くカジノの規模によってお客様から貰うチップの金額が大きく異なり、それと景気やシーズンによっても違ってきます。 カジノディーラーの職種別年収を予測してみると、 マカオのカジノディーラー:万円~万円以上 ラスベガスのカジノディーラー:万円~万円以上 世界的にも有名なカジノと言えばマカオとラスベガスがよく知られていますが、カジノディーラーの給与体系はどちらもほとんど同じで時給とカジノで遊ぶお客様から貰うチップが主な収入です。 アメリカのネバダ州にあるラスベガスの1年間の売上高は66億ドル 約億円 で、一方のカジノは1年間の売上高はラスベガスを上回っています。 さらにマカオ政府の統計によるとマカオのカジノで働く人の数は、マカオの労働人口の11%に相当する約3万人が働いています。 マカオのカジノで働くカジノディーラーの平均年収は公務員の2倍以上と言われていて、日本のサラリーマンの平均年収とあまり変わらないようです。 マカオもラスベガスも客様から貰うチップはテーブルに設置されているボックスに入れることが義務付けられていて、チップを回収するスタッフが監視カメラがある部屋に運び警備員が立ち会うなかでチップが数えられるようです。 そして給料日にチップも平等に分けられ支給されるのでカジノディーラーの年収も、大きなカジノであればあるほど多くなるのが普通です。 各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを厚労省の統計と照らし合わせてみたところ 最大年収を迎える50代の年収が。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*