「ジャパン・カジノ」に賛成?反対?

最小限にしながら勝日本版カジノ – 155480

多くの日本人は、カジノは単なる認可事業にすぎず、誰もが関連する当局に申請し、認可を得ることができれば、自由にカジノを設置し、運営できる業でしかないと誤解している。一端認めてしまえば、国中にかかる施設が乱立してしまうのではないかという危惧や、町毎に賭博施設が乱立してできてしまうのではないか等という懸念がここから生まれている。我が国における遊興施設の類や遊技は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(風営適化法)に基づく単純な認可事業でもあり、この現実から発想し、おそらく諸外国でも同様な制度なのであろうと勝手に類推してしまうのであろう。確かに、認可事業とは基本的に一定の要件を満たせば、何びとでも申請し、認可を取得でき、 条例等によりその他の規制措置がある場合を除き 基本的には如何なる場所にも当該施設を設置し、事業を実施することができるという考えを基本としている。パチンコ・パーラーはこの風営適化法に基づく認可事業となるが、地方公共団体による条例等で規制され、設置が認められない風致地区以外であれば、基本的にはどこにでも自由に設置できる。日本国中にどこの町にいってもパーラーが存在するのはかかる理由による。実に日本は自由な国なのだ。

IR*ゲーミング学会

そこでやむなく、在日外国人に意見をきいたものがないか、インターネットで探してみたところ、サンプル数は20と少ないものの、マイナビニュースに「カジノを作ることに賛成?反対? 在日外国人の意見とは」という記事があった(17年12月18日掲載)。日本に住んでおり、日本人のことをある程度以上知っている人々の意見は、たとえ数は少ないにせよ、カジノの問題をじっくり考える上で参考になるだろう。

関連記事(一部広告)

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。

カジノ法案という“増税策”

国会を言論の府であるとする建前からすれば、もっともな批判だ。  とはいえ、与党が3分の2以上の議席を占め、与党外からも賛成にまわる勢力(維新の会)が合流している以上、どんな手順で議論を進めたところで、採決の結果は動かない。与党側が、審議を尽くしたという外形を整えるために、それなりの審議時間を費やしたのだとしても、結果として法案が変更なしに可決されるのであれば、実質的に何が変わるわけでもない。 Powered by リゾーム? パチンコに対してギャンブル依存症を生むから規制せよという声はあまりあがりません。カジノの場合はすぐにその声が上がる。そこにはカジノアレルギーのようなものが有る気がします。振りかざしやすいモラルを感じていい気持ちがしません。 私の住む沖縄では、パチンコ業界の売り上げが億とも億とも言われる。観光以外に大きな産業の無い沖縄で、県の年間予算の半分を軽く上回るこの大金はどこから来るのか?先祖伝来の土地を切り売りしているとしか思えません。 パチンコについてはご指摘のように欺瞞的な脱法賭博であることは大いに問題ですが、最大の問題はそれが多くの貧乏人から金を巻上げる3流賭博である点です。このことがもたらす害悪は図り知れません。カジノの客層はパチンコよりは裕福な人たちが多い。チップを買える最低換金額でコントロールできるからです。お金持ちから金を巻上げるカジノのほうがレベルの高い賭博と思います。カジノができれば、パチンコの客層のうち裕福な人たちがカジノに流れ、パチンコは衰退すると思いますので、良いことだと思います。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*