ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

を徹底解説銀行送金 – 339480

岩崎 博充 。

▼ 【2020年版】おすすめ「中国送金サービス」3つを徹底比較!

世界の工場から世界の市場へと移り変わりつつある「中国」ーー。その市場規模は依然として急成長中であり、日本企業にとっても非常に魅力的でしょう。そのため、中国ビジネスを考えている企業も多いはず。 しかし、国家の力が大きく、規制や独自サービスが多い「中国」でのビジネスは、他の国への進出とは少し違う部分があります。それは、海外ビジネスにおいて必須となる「送金」でも同様のこと。中国の現地法人・銀行口座の有無によってもその手続きの煩雑さや費用、日数などが大きく変わってきます。 そこで、本記事ではおすすめの「中国送金サービス」について紹介するとともに、それぞれを比較します。是非、本記事を参考に御社に合った中国への送金サービスを見つけてください。 今回は、中国ビジネスに必須な「送金」の手段について解説いたしました。それぞれのメリット・デメリットをきっちり理解した上で、自社に合った手段を選択していくことが重要です。とはいえ、担当者が自分たちだけで判断していくのは、手間もかかりますし、難しいでしょう。 「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な中国送金サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。 「自社にあった送金サービスは何か」「中国企業に定期的に送金していくので総合的にサポートしてほしい」「そもそもどうすればいいのかわからない」…といった、多岐に渡る海外進出におけるご質問・ご相談を承っています。 ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの海外進出サポート企業をご紹介いたします。まずはお気軽にご相談ください。

LINE Payとは

銀行振込決済の導入はEC事業者にとっても「消込作業」などの労力が発生し運用が非常に大変です。しかし 「バーチャル口座」を導入したり、バーチャル口座の運用を決済代行会社に依頼する方法、あるいはペイジー決済を導入するなど、実はいろんな方法 があるので、その方法の中から、 費用と労力のバランスを見て、最適な銀行振込決済を導入 すべきです。 下記は、経済産業省の報告書の中から「インターネットで購入する際の決済方法」をまとめたグラフです。このグラフを見ると、 銀行振込系の決済 の利用率が 23% もあり、意外と多いことがわかります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*