マカオ、ラスベガスを抜いて世界最大のカジノに - 香港

世界一グランドベガスカジノ – 18340

Jing さん(男性)。

ラスベガス大全とは?

砂漠の中の 「不夜城」 といわれているラスベガスの歴史はそれほど古くない。  市制こそ 年だが、ネバダ州がギャンブルを合法化したのは 年のことで、当時のラスベガスにはまだ何もなく、今日のようなにぎわいを見せ始めたのはせいぜいここ 50~60年の話だ。 発展のきっかけとなったのはもちろん フーバーダム の建設だが、完成直後の 年代後半においてはまだ特にめざましい発展が見られたわけではなく、ラスベガスは第二次世界大戦が終了するまでは人口2万人にも満たない小さな町にすぎなかった。 (ちなみに 年における周辺都市も含めたラスベガスの都市圏人口は 万人を超えている)。 戦後になっても「フラミンゴ」などが開業したものの、40年代はごく限られた採鉱者や軍関係の兵士、それにダム関連の作業員たちがささやかにギャンブルを楽しむ程度のローカルタウンにすぎず、今日のような国際観光都市になったのは、それよりもかなりあとのことだ。  そうした黎明期を抜け出し、ラスベガスが本格的に開花し始めたのは、デザートイン、サンズ、サハラ、リビエラなどの豪華カジノホテルが次々とオープンした 50年代に入ってからのことで、現在のような形態のラスベガスが形成され始めたのはそのころと考えてよいだろう。 しかしながらショービジネスだけでこの街が発展してきたわけではない。カジノの存在こそが今日の繁栄を支えてきたことは疑う余地のない事実で、その結果、これまではラスベガスといえば 「ギャンブル」 というイメージがあまりにも強く、決して健全なイメージの街ではなかった。 それを大きく変えたのが 90年代に入り続々と誕生したテーマパーク型巨大ホテル群で、その出現はラスベガスを ギャンブルの街 から、家族ぐるみで楽しめる 総合エンターテインメント・シティー へと変えていくことになった。  実際に、MGMグランド・ホテルに隣接する空き地にはディズニーランド型の遊園地が建設されたり、サハラ・ホテルには最新鋭のローラーコースターが設置されるなど、総合エンターテインメント・シティーとして一世を風靡した。

Jingさんが泊まったホテル

RPG型 オンラインカジノ【カジ旅】。 このランキングで最も悲劇的な運命を辿った勝者。 37歳のシンシア・ジェイ・ブレナン(Cynthia Jay-Brennan)は、ジャックポットに当選してからわずか6週間後に、飲酒運転車との事故により姉を亡くし、自身も両手両足に麻痺が残ってしまいました。この悲劇に襲われる前、彼女は素晴らしい結婚式を挙げ、何不自由のない人生が約束されたと思っていたのに…今、彼女はこう言います。もし五体満足な以前の生活に戻ることができるのなら、すべてのお金を返還してもいいと。強運を持つ彼女、彼女がいつか、再び歩くことができるように願うのみです…。 ここで得る教訓は、大きな賞金を獲得することは可能だということです。けれども、おそらく第2位の女性、シンシア・ジェイ・ブレナン(Cynthia Jay-Brennan)が私たちに思慮を最も与えてくれます。彼女は大金持ちかもしれませんが、健康のためならすべてを諦めるでしょう。人生にはお金よりも重要なものがあります。あなたの幸運と最善の健康を願って、グッドラック! ところで皆さんは、7位の ジョナサン・ヘイウッド(Jonathan Heywood) が、超高額賞金を手に入れた、無店舗型の オンラインカジノ はご存知ですか?

関連記事(一部広告)

PICK UP. Casimo 1 e 1 e 80.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*