香港のカジノ企業メルコ・クラウンが大阪に照準 —— ローレンス・ホーCEO 「投資額はプライスレス」

リゾート参入方針マニラカジノ – 569651

アジアのカジノと言えば、一番は「マカオ」を思い浮かべると思いますが、今一番注目を浴びているのが「マニラ」ではないでしょうか。 政情不安、インフラの不整備、治安問題などから、今までフィリピンに行く事を敬遠されてきたリゾカジメンバーの皆さん、マニラは今、マニラ湾沿いに3つの巨大なカジノリゾートが誕生。観光都市として安全で楽しい都市に生まれ変わろうとしています。 近くて安くて楽しいマニラ!さあ、マニラに行こう! 戦後、フィリピンでは、違法カジノが乱立していました。しかし、年当時のマルコス大統領は、大統領令によりカジノを国が管理しその収益も国が取得することを前提に、大統領府傘下の国営会社「フィリピン娯楽ゲーム公社(PAGCOR)」を設立しました。このPAGCORに独占権を与え、運営を委ねることで非合法カジノを一掃することができました。 現在、PAGCORは、マニラだけでなくセブ島やミンダナオ島など地方にも展開し、直営施設として13のカジノ施設、25のクラブ施設を経営し、経済特区においても、第三者となる6事業者に対し運営ライセンスを付与しています。 (PAGCOR社は規制者であると同時に、自らが運営者であり、かつ自らが担う運営行為をも自らの判断により第三者に委託できるという複数の機能を全て担うことができるという他国には全く例のない制度と仕組みになっています。) そして、年PAGCOR社の従来のライセンス事業とは異なる枠組みで、第1号のIR(統合型リゾート)としてResorts World Manilaがオープンしました。 さらに、マニラ湾の一部haを埋め立ててIRを集積させる巨大なカジノリゾート・プロジェクト Bagong Nayong Pilipino Entertainment City Manila が進行し、Solaire Manila、City of Dreams Manila、Okada Manilaが続いてオープンした。 (その他Resorts World Bayshore などもオープンする計画があったが現在は止まっています。) PAGCORによるとフィリピンの年のGGRは前年比22。

時系列でみるフィリピンニュースの話題: ブルームベリー - ソレアリゾート&カジノ

シンポジウムでは、基調講演の政治解説者 篠原文也氏(政府IR推進会議メンバー)の求めに応じて以下を発言。 ・日本のさまざまな土地を見たが、和歌山県はリゾート型IRとして好立地 ・Landing International Developmentの開発メンバーは、シンガポールのResorts World Sentosaの経験を有する。政府と協力し、依存症対策なども推進 ・和歌山IRには、億ドル(3,,億円)を投資する考えを持つ。 Landing International Development(中国の不動産開発業者、香港上場)は、主たる事業分野を、1)統合レジャー施設の開発・運営、2)ゲーミング施設の運営、3)不動産開発、とする。 施設概要 ・総投資額=18億ドル ・開業=年4月以降、段階的に開業。カジノ部門は年2月 ・カジノ5,㎡。テーブル台、スロット台 ・1,室のホテル、サービスアパートメントが稼働  Jeju Shinhwa World Landing Resort, Jeju Shinhwa World Marriott Resort, Somerset Jeju Shinhwa World ・アトラクションは、映画テーマパークShinhwa Theme Park、K-popのテーマゾーンYG Republique ・MICE、ショッピングなど ・4月25日時点の従業員数は、1,名。

和歌山IRに名乗りを上げるサンシティのアジア戦略

シティ・オブ・ドリームス マニラは、急成長しているフィリピンの観光産業に、初めてメルコが正式に参入したプロジェクトです。マニラ市のマニラ湾地域エンターテインメント・シティ内にある新しい統合型リゾートの設立は、メルコとSMグループ「ベル・コーポレーション」の強力な提携のもと実現しました。「国際的パートナーや地元政府との連携、地域固有の文化と思想を表現する素晴らしい統合型リゾートを開発し、アジアの各地域から世界に進出する」というメルコの企業理念を証明するものです。 シティ・オブ・ドリームス マニラは、豪華な観光スタイルを求めるお客様から、ビジネス出張のお客様、そしてMICEの開催まで幅広く対応出来る施設を誇ります。洗練したスタイルのノブ・ホテル・マニラ、そしてビジネス客およびレジャー客に人気の高い、ハイアット・シティ・オブ・ドリームス マニラを含む6つのタワーがあり、客室数は約部屋です。特に、ノブ・ホテル・マニラは日本人シェフである松久信幸氏から様々なインスピレーションを受けたホテルで、アカデミー受賞俳優であるロバート・デ・ニーロ氏やハリウッド・プロデューサーのメイア・テペル氏などからも支持を受けています。部屋あるこのブティック・ホテルは、極上のラグジュアリー体験と最高級のサービスをお客様にお届けします。 シティ・オブ・ドリームス マニラには、素晴らしい宿泊施設以外に3つのエンターテインメント施設があります。ドリームワークスからインスピレーションを受けた世界初のファミリー・エンターテインメントセンター、「ドリームプレイ・バイ・ドリームワークス」、カジノ内にあるライブパフォーマンスラウンジの「センタープレイ」、そしてフォーチュンエッグ内に位置するナイトクラブ「パンゲア」と「カオス」。これらのクラブは、ドーム型の個性的な外観と、独創的な照明デザインがアクセントになっている世界的にも有名なクラブです。 夜を踊り明かしたいお客様には、「パンゲア」と「カオス」をオススメします。マニラ湾地域の目印である、「フォーチュンエッグ」(黄金色に輝くドーム状の建物)内にあるナイトクラブは、「世界のクラブ王」と称されるマイケル・ヴァン・クリーフ・オルト氏率いるオルトグループによって運営されています。同氏は、ニューヨークやロサンゼルス、マイアミ、アスペン、サンパウロ、モンテカルロ、ロンドンなど世界中の大都市に数多くのクラブを創設し、「パンゲア」というブランドを世界で最高級のクラブとして認識させました。オルトグループのテーブルサービスタイプのナイトクラブブランドである「カオス」は、シティ・オブ・ドリームス マニラへの出店がアジア初となります。 多様なエンターテインメントとホスピタリティの提供で、シティ・オブ・ドリームス マニラは、マニラにおけるレジャービジネス・観光業に幅と厚みを持たせることに成功しました。そして、アジアの一流レジャースポットとして、マニラ及びフィリピン全体の観光業水準を高めています。フィリピンは、急速に成長しているアジアのレジャーエンターテインメントの中心地として、更に成長していきます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*