リゾカジ カジノレポート

初心者が実践ニューカレドニアのカジノ – 614517

エンターテインメント・遊ぶ カジノ。

春休みに韓国でカジノデビュー

エンターテインメント・遊ぶ カジノ。 への旅行も 航空券とホテルをセットで お安く予約! 札幌 - つけ麺。

スマホのカジノゲームで練習

韓国のカジノの勝ち方 を知りたいならしっかりと事前準備をすることが大切です。特にどこでカジノをするのか、そしてどんなゲームでルールの予習をしているのかも重要となります。 韓国のカジノは入場も無料 で、カジノの雰囲気を味わいながら少しだけプレイしてみたいという人にもおすすめですが、せっかくなら少しでも勝ち方を知ってから訪れた方が数倍楽しめるでしょう。 では、どのようにすれば韓国カジノでかてるのでしょうか。 韓国カジノでまず壁となるのが「言語」です。韓国語を理解していないと、勝てるゲームを落としてしまう可能性があるので、言語に自信がない方は日本ディーラーがいるカジノを選んでください。 ウォーカーヒルカジノは日本人観光客の来店が多いので、日本語に対応しているディーラーがいる上に、歴史も長く施設も大きいのでゲーム数が多いのが特徴です。特に規模が大きいので、ゲーム台数も多く、オンラインカジノの用意もあります。オンラインカジノは会員限定ではありますが、人気ゲームが用意されているので、オンラインで事前練習することも可能です。事前に練習しておくことで失敗が少なくなるのでおすすめです。 また、カジノ以外でも無料でドリンク・フードを楽しむことができるので集中力が切れた際には休憩して再度カジノを楽しむことができます。 中国発祥のサイコロゲームで、欧米ではシック・ボーという通称で親しまれています。バカラやルーレットと並び、アジアのカジノではタイサイ人気が非常に高いのですが、賭け方がシンプルで分かりやすい点、勝率が50%近いことから初心者でも勝ちに行けるゲームとなっています。 ルールは単純明快で、3つのサイコロを同時に投げて、合計の数字が4~10だと小、11~17だと大となり、プレイヤーはその大小どちらかに賭けるだけです。ポーカーのように役を知っていないとゲームについていけないなどの心配もありません。 唯一、決定的に負けるのは3つのサイコロがゾロ目の時で、この場合は大小に関係なくプレイヤーの負けとなります。ただしゾロ目が出る確率はかなり低いと言えるでしょう。 厳密に言うと、さらにその3つのサイコロの目一つ一つにピンポイントの数字を賭けることもできますし、全て2、全て5など敢えてゾロ目に賭ける枠もあります。3つのサイコロのうち1つが当たれば配当は2倍、2つのサイコロの目が当たれば6倍となり、3つの合計の数字に賭ける方法ではその目の組み合わせがより確率の低いものだと配当の倍率も高くなっています。 複数個所に賭けても問題ありませんので、確率が高いところから、確率は低いがもし出たときに配当が跳ね上がるところなど分散して賭けるのが手堅い勝ち方です。初心者の間はまず大か小だけを狙っておけば手堅く勝つこともできるゲームです。 そこまで考えずに、負けてもいいからカジノという場所に行ってみたい、雰囲気を楽しみたい!という人なら、事前準備など考えず気楽に行ける観光地として訪れておくのもカジノの楽しみ方の一つではありますが、一度は勝ってみないとカジノの本当の楽しさは分かりません。 勝ちたい気持ちが強いなら日本人ディーラーがいて、施設の規模も大きいウォーカーヒルカジノがおすすめで、ゲームは 初心者でも勝ちやすいタイサイ を選ぶようにしましょう。また、ルールを知らずにいったり、基本となるストラテジーを無視して闇雲にプレイしたり、事前準備を怠ってしまえば当然勝率は下がるので、しっかりと準備をしてから行くようにしましょう。

■東京でルーレットを体験するならこちら

ニューカレドニアのヌメアには2軒のカジノ店があり、1つは海沿いのホテルのルサーフの方に入っているカジノロワイヤルです。 そしてもう1つはメリディアンホテルに入っているグランカジノです。 どちらも規模的にはかなり小さいですが、メリディアンの方がルサーフよりも高級感はあります。 ルサーフの方はいかにもアメリカの田舎という雰囲気ですが、海にせり出したような立地に建っているので眺めは最高です。 メリディアンの敷地内にあるグランカジノはヌメアの観光各からも人気が高く、アンスバータビーチに面した高級リゾートホテルのすぐ目の前にあります。 ホテル内には日本人スタッフが常駐していて、各旅行会社のツアーデスクもあるので多くの観光客が訪れます。 台のスロットマシンやヨーロピアンルーレット、ブラックジャックやカリビアンスタッドポーカー、ミニバカラやテキサスホールデムポーカーなどがプレイできます。 メリディアン営業時間は、スロットマシンは昼の11時からやっていますがテーブルゲームは夜の8時からスタートです。 服装はドレスコードではなくスマートカジュアルスタイルでもOKなのですが、ビーチサンダルや短パン姿は入店を断られます。 メリディアンのホテルは旅行経験度によっても評価は変わるものの、5つ星ホテルのわりには豪華さはなく普通のリゾートホテルです。 しかし決して豪華なホテルではありませんが、初めてニューカレドニアを訪れる日本人にとってはオススメできます。 日本人パックツアー客が無難に過ごせるホテルと言う意味では貴重と言えるでしょう。 ヌメアはラスベガスと比べると施設的にも小さくテーブルゲームのミニマムベットは高めの設定なので気軽に始めにくい雰囲気がありますが、最近リニューアルされています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*