カジノ船「オーシャンローズ」はいつの間にか無くなっていた。

モバイルオーシャンローズ号カジノ – 592323

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

カジノ船として有名だった「オーシャンローズ」

ホーム > 企業情報 > HTBクルーズ/上海航路撤退へ オーシャン・ローズ。 HTBクルーズの澤田秀雄会長は、NHK取材に対して、昨年2月に就航し、日中関係の悪化で 現在運休している長崎と中国の上海を船で結ぶ定期航路の「上海航路」のオーシャン・ローズ号について、「日中関係の回復が見込めない現状では収益の確保が 難しい」として上海航路を事実上撤退する方針を明らかにした。 その上で、澤田会長は、上海航路の運航再開について、乗客に加えて貨物輸送でも収益をあげることが前提で運航、そのために必要な日中間の規制緩和が進むことは現状では難しいとして、上海航路から事実上撤退する考えを示した。 長崎県は、上海航路が就航したことで、外国からの観光客誘致につながるとして、長崎港の旅客ターミナルを整備するなど、後押ししていた。以上参照NHK。 オーシャン・ローズ号の運航は、年3月11日に発生した東日本大震災における福島原発水素爆発により、日本全体の放射能汚染を嫌気して中国からの観光客は激減していた。また、中国経済がバブル崩壊で停滞、日本への観光客の回復も乏しくなっていた。そうしたことから乗船客が伸びず、澤田会長は、オーシャン・ローズ号をカジノ船に変身させ、上海航路を再就航させていた。そうした矢先に先覚問題が生じ、今回の措置となった。 なお、オーシャン・ローズ号でのカジノは、日本でのカジノ営業は禁止されているため、カジノは公海上に達したら開始されるシステムを取り、行政当局は黙認する形で承認していた。知り合いがこの船で上海へ旅行して喜んでいた。残念。

ハウステンボス・クルーズが上海への旅客船上でカジノ開業!

リゾート施設を運営するハウステンボスの子会社が、長崎市と中国・上海市を結ぶ航路の公海上でカジノの営業を始めたという( 日経新聞)。 カジノで景気対策なんて安易に言うヤツがよくいるけど、果たして日本でそんなことできるのか疑問。その理由の一つが、これ。 まあ別に陸上で海賊が出るとは言わないけど、強力な治安維持機構がないと、誰も安心して興じることができない。 カジノ推進しようとしてる人、そこんとこちゃんと考えてんのかな。 あと、信頼できる金融機関の存在とかもね。 今回のような、もしかしたら世論が非難する方向へと傾くかもしれない商売を始めたいとき、 まず日経から発表してもらって、非難囂々だったら「そんな事実はありません」と 言っておけばいいのだから。

カジノ - Wikipedia

出典: 実質の運賃は?長崎-上海クルーズ「オーシャンローズ」号はツアーが断然お得!上海4日間は19,円より Webと人のアマモ場。

カジノファンのためのカジノニュース 長崎県知事、ハウステンボス周辺にカジノの統合型リゾート誘致の考え表明。

有識者会議が周辺環境悪化の恐れを指摘したことを念頭に、中村知事は「治安や 青少年教育への影響を最小化するため、具体策を検討する」と強調した。』。 統合型リゾートという集客戦略ですでに、カジノをとらえ、 ハウステンボスは、すでに動き出し、公海上でのカジノクルーズを運行していた。 ハウステンボスが、年 3月25日、神近義邦氏のもとで、開業した頃、同郷である村上龍が『長崎オランダ村』という小説を出して、ハウステンボス開業を側面から応援している。知られているように、神近義邦氏はハウステンボスの前に、年に、テーマパーク長崎オランダ村を創業していた。 しかし年は、バブルが破裂した影響の始まりにあたっていた。東京ディズニーランド以外は、日本全国のほとんどのテーマパークは破産に向かってしまった。 ハウステンボスの環境浄化というのは時代の先端だったが、テーマパークそれも滞在型は、需要が縮小した。 ハウステンボス黒字化の秘訣を学ぶ!~パック・エックス社員研修旅行~ 前編 。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*