シンガポールが21年までにギャンブル規制機関を統合、新たなギャンブル動向に対応

宝くじシンガポールカジノ – 317200

さて、この季節になると『 年末ジャンボ宝くじ 』がニュースなどでよく取り上げられる時期ですね。

カジノ管理委員会が考えるギャンブル依存症対策とは?

シンガポール内務省(MHA)は、ギャンブル規制資源の統合と最適化を目指し、年までに新たにギャンブル規制機関(GRA)を設立すると発表した。新たなギャンブルの動向に対応できるようすべてのギャンブル事業者を単一の規制当局の傘下に入れる。 CalvineAyreが 伝えた 。 GRAは、カジノ規制局(the Casino Regulatory Authority)、MHAのギャンブル規制室(Gambling Regulatory Unit)、シンガポール・トータリゼーター庁(the Singapore Totalizator Board)など、現在さまざまな機関が担当している監督業務を一本化する。GRAは地元の責任あるギャンブル団体と協力し、シンガポール警察は違法ギャンブル業者の摘発を継続する。

【カジノスクール】大阪VIPカジノディーラースクールを紹介!You

リゾートワールド・セントーサ RWS が、年2月4日に最初のカードを配った瞬間から、シンガポールの統合型リゾートは、世界のゲーミング市場をリードしてきた。RWSとマリーナベイ・サンズ MBS は、IRデザインと運営に関する新基準を確立し、親会社のゲンティン・シンガポールとラスベガス・サンズに驚異的な利幅で巨大な利益を届けている。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*