インペリアル・パシフィックがライセンス契約の修正を受けてサイパンIR完成期限の更なる延長を申請

を含む統合型リゾートサイパンカジノ – 24105

統合型リゾートを運営するインペリアル・パシフィック・インターナショナル IPI は、日本の株式会社GCMがサイパンにあるIPIの統合型リゾートのフェーズ1を完成させるための資金として、同リゾートに5億米ドル(約億円)を投資する予定であることを明かした。

カジノ事業者IPI、サイパン直行便就航で日本人誘客に注力

カジノを含む統合型リゾート IR 事業者の インペリアルパシフィックインターナショナル(Imperial Pacific International、IPI)は、日本からサイパンへの直行便が就航したのに合わせて、ガラパンにあるビーチフロントのカジノに日本人客を呼び込む計画を立てている。 Marianas Varietyが9日 伝えた 。 ブラウン上級副社長は次のように述べた。 「サイパン、そして太平洋地域の市場を見ると、我々と競争できる他の高級リゾートはありません。 これはサイパンだけでなく、この地域全体のゲームチェンジャーです。我々のチームが提供する豪華な設備と高度にパーソナライズされたサービスにより、我々は高級ホテル業界の大手企業と競争する絶好の位置にいます。今や中国、日本、韓国にまでマーケットできるので、遠くまで市場をカバーできます。インペリアル・パレス・リゾートが完成したので、日本やその他の国から観光客を呼び込めるでしょう」。

日本のGCM社がインペリアル・パレス・サイパンに5億米ドルを投資予定

多くの問題を抱えるサイパンの統合型リゾート事業者、インペリアル・パシフィック・インターナショナル IPI が申請していたカジノライセンス契約への2つの修正案が、宝くじ委員会 Lottery Commission によって承認された。

サイパンカジノの遊び方!初心者向けマニュアル【2019年版】

日本を代表する総合エンタテインメントグループ「セガサミーグループ」が、韓国の「パラダイスグループ」と合弁で韓国初の統合型リゾート「パラダイスシティ」をオープン(年4月20日)。 カジノでは、日本からのお客様のために、日本の企業が運営するカジノだからこそできる日本式のサービスを提供しています。 空港からも近く、ソウル駅、南大門、賑やかな明洞にも隣接している7LUCKヒルトンはラスベガスをテーマにした華やかなカジノです。周りには多くの観光スポット、歴史遺跡、ショッピングタウンなどが造成されていて韓国の政治、経済、文化的な魅力が感じられる場所です。 「シティーカジノ」として是非押さえておきたいカジノです。

インペリアル・パシフィックがライセンス契約の修正を受けてサイパンIR完成期限の更なる延長を申請 - IAG Japan

1 3 5. 6 YMO 719 31 MAADXCX.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*