世界に50年遅れた日本のIR論議

を含む統合型リゾートにヨーロッパ最大のカジノ – 520497

なので「ヨーロッパ型IRは……」と業界の話題を出そうものなら、いよいよ話の矛先はどこへ向かうか分からず、結局その事にはあまり触れずにフェードアウトしてしまうことが多々あるのです。話が膨らんでいかないのは寂しいばかりです が、しかしこの素朴な疑問が私の原動力となり、また「ヨーロッパ型IR」とは……の質問に私自身が明確な答えを出せない反省点も踏まえ、この度現地取材を敢行致しました。選んだ地域はスイスとドイツです。

観光産業の発展と雇用創出で地域経済に貢献

キプロスでヨーロッパ発のカジノ複合型リゾート、City of Dreams Mediterraneanが年のサービス開始を目途に建設中です。施設はリマソルに建設されており、様々なエンターテイメント要素を兼ね備えています。 City of Dreams Mediterraneanは部屋のホテル、イベントや会議向け設備、小売り、11のレストラン、バー、プール、スポーツ施設などを含む超大型カジノリゾートになる予定で、台ものスロットマシーンとのゲームテーブルが置かれる予定です。 City of Dreams Mediterraneanはキプロスの経済成長への貢献も期待されていて、の新たな雇用と一年間当たり30万人の新たな旅行者を創出すると予想されています。またその経済効果は7億ユーロともいわれています。一方建設コストは当初5億5千万ユーロが予定されていましたが、それを上回るより大規模な建設がなされていると言われています。

ショーエンターテイメントやショッピング・コンベンションなど複合サービスとの融合で出来た統合型カジノリゾート

会員登録 マイページ メニュー マイページ。 週末を利用して気軽に行ける距離。 日本語が通じるところが多いのも魅力 日本から約2。 世界最大級のカジノ都市に成長しただけでなく、 エンターテインメントも急速に発展中 もとポルトガル領のマカオ。 世界遺産にも登録された歴史的建造物が市内にあるほか、中国料理とポルトガル料理がミックスした、マカオ料理が堪能できる。香港から高速艇で約1時間で行ける距離とあって、日帰りのディスティネーションとしてはとてもポピュラー。せっかくなので、ここでカジノ体験してみては?もとより「東洋のラスベガス」と言われていたマカオだが、年代に入り、外資の積極的な導入をきっかけに、次々に豪華なカジノ&リゾーツがオープンし観光客の数が倍増。今や本家のラスベガスを抜いて、売上では世界最大のカジノ都市に。カジノはカジュアルな雰囲気で、気軽に参加できる。人気のゲームは大小やバカラだ。マカオの魅力はカジノだけではない。近年、力を入れているのがエンターテインメントで、さまざまなショーが見られる。女性には高級エステなども楽しみだ。 カジノ解禁になりオープンした、 2つの統合型リゾートが話題 長い間カジノが認められていなかったシンガポールだが、年についに解禁になり、カジノとホテル、モールなどを含む統合型リゾートが2軒オープンした。 3つの高層ビルを屋上で連結したマリーナ・ベイ・サンズは、のテーブルとのスロットマシンが並ぶ、単独としては世界最大級のカジノだ。ショッピングモールや劇場なども併設した大型施設で、このホテルの人気も高い。なかでも絶景が眺められる屋上プールは、入場が宿泊客のみとあり、このリゾートの宿泊が目的でシンガポールを訪れる人も少なくないという。もうひとつは、リゾート地のセントーサ島にあるリゾート・ワールド・セントーサ。カジノだけでなく、ユニバーサルスタジオや世界最大級の水族館シーアクアリウムなどのテーマパーク、複合プールを併設した大型施設で、見どころいっぱい。こちらは家族連れに人気だ。

ハードロック・インターナショナル

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。 トップ 速報 アクセスランキング トピック一覧 人事 おくやみ プレスリリース ビジュアルデータ 写真 映像 社説 統計 話題のトピック 新型コロナ 米大統領選 就活 FT お金のトリセツ 人生年の羅針盤 経営者ブログ ヒットのクスリ モバイルの達人 今週の予定。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*