カンボジアのおすすめカジノホテル8選!【2019年版】

スリーカードポーカタイタンキングカジノホテル – 999278

ベトナムとカンボジアの国境の街・バベット。ホーチミンから車で約90分のところ、ベトナムの国境を越えて2~3分直進するとひときわ目を引く建物が目に入ってくる。 総面積は約1万平方メートル。 日本人のスタッフが常駐しているので安心して遊ぶことができる。

遊びに行く前に知っておきたい!カンボジアカジノの特徴

こんにちは!カジモ編集長の笠原豪です。 今回は、ずっと行ってみたかったタイタン・キング・カジノホテルに泊まって、カジノを楽しんできた内容をお伝えします。カジノの内容はもちろん、 お得に旅やカジノを楽しめる裏技 も紹介していきます。 カンボジアでカジノをやってみたい!という人がまずぶち当たる壁が、 公式のウェブサイトが読めない ということ。その点、タイタン・キング・カジノ&リゾートでは 日本人向けの公式ページを作成してくれている ので、安心感があります。 ホテルの客室はかなり広々としており、真っ白なベッドで清潔感が漂います。 デラックス、ラグジュアリー、スイート など客室のタイプを選べるので、 予算に合せた宿泊が可能 です。 雰囲気はどの部屋も落ち着きがあり、カンボジアホテルの中では頭一つ抜きん出た贅沢さが味わえます。

みんなが見ている人気記事

ベトナムとカンボジアの国境の街・バベット。ホーチミンから車で約90分のところ、ベトナムの国境を越えて2~3分直進するとひときわ目を引く建物が目に入ってくる。 総面積は約1万平方メートル。 日本人のスタッフが常駐しているので安心して遊ぶことができる。 カンボジアのバベット経済特区にある「ゴールデンパームカジノ&ホテル カンボジア」は日本人がカジノライセンスを取得して経営する唯一のカジノ事業会社として、年にオープンしました。プリンセス天功さんが共同オーナーとして就任している話題のカジノホテルです。建物は10階建て、客室数は75室と周辺のカジノホテルと比べると小さめですが、カジノでは、バカラ、ルーレット、ブラックジャック、スロットマシン、タイガー&ドラゴン、ABC、パイゴウポーカー、1カードバカラ、ンガオハム、バトルロイヤルと多様なゲームが楽しめます。 ホーチミンから車で約90分のところにある、ベトナムとカンボジアの国境にある街バベット。「ニュー ワールド カジノホテル」は、年にオープンしたカジノ併設のホテルです。2つの建物からなるこのホテルは、ベトナム人カジノ客向けの作りといった雰囲気で、ホテル内にはスパやジム、免税店などもあります。35テーブルあり、7カードスタッドポーカーや、アメリカンルーレット、バカラ、ブラックジャック、大小などが楽しめます。 ホーチミンから車で約90分のところにある、ベトナムとカンボジアの国境にある街バベット。「シルバーワールドカジノ」は、年にオープンしたカジノです。ニュー ワールド カジノホテルのすぐ側にあります。同系列の会社が運営しています。

スリーカードポーカーのゲーム手順詳細

こういった今後栄えていくだろうという街「バベット」の中でも、大きな宿泊施設で日本人が利用しやすいカジノホテルが、今回紹介する「タイタンキングカジノホテル(TitanKing Casino & Hotel)」になります。 カジノは基本的には、アメリカドルが利用通貨になるが、こんな街なので割と何でもありで、ベトナム人はベトナム通貨のドンを、キャッシャーで両替する事なく、そのままベットしていたりします。 更に、入場時のパスポートチェックも無し。荷物の持ち込みもOK。カジノ内部には子供が歩いていたりします。 ブラックジャック・バカラ・ルーレット・ポーカーといったテーブルゲームに加えて、カンボジアならではのゲーム「ドラゴンタイガー」というゲームも用意されています。また電子ゲームでは、スロット・パチンコ・パチスロがあります。 ミニマムベットはバカラやブラックジャックが10ドルからで、VIPルームで遊んでも40ドルからと非常に低い設定がされています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*