子供向けボードゲームおすすめ10選|協力&親子で楽しめる!知育にも

勝った後の税に一番人気のゲーム – 432050

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

2:たった5分で遊べるお手軽カードゲーム「ラブレター」

さんきゅう倉田: 初めに各プレイヤーが「政治家」「社員」「ニート」「国」などの職業になりきり、自分のお金を増やしていくゲームです。子ども向けに作ったボードゲームなので、遊びながら社会で税金がどう回っているか学べます。 さんきゅう倉田: 僕は普段劇場で漫才をやっているんですけど、お客さんは女子高生や女子大生が多いんですね。そこで漫才をやって気付いたんですが、確定申告をネタにしてもお客さんに意味が伝わらないんですよ。だから全然ウケなくて。それで、子どもの頃からみんなに税知識を持ってもらいたいなと思ったんです。 さんきゅう倉田(個人事業者): 国のターンは最後ですが、それまでに予算を超える税金が集まらなかったら国は破綻します。破綻しないよう国は寄附を募れますが、みなさんが寄附するかは自由です。

アタマとココロに、ごちそうを。

この記事では、子供が楽しめるおすすめボードゲームをご紹介! 簡単なルール分かりやすいゲームや、人気ボードゲームの復刻版、家族みんなで盛り上がるゲーム、遊びながら言葉や算数の勉強になる知育ゲームなど、幅広くセレクトしています。ぜひ参考にしてみてくださいね。 カードに描かれた12種類の謎の生物「ナンジャモンジャ」に名前をつけていくゲームです。同じカードが出てきたら、付けられた名前を叫びます。一番早く名前を呼べた人がカードをゲットでき、獲得枚数が多かった人が勝利です。複雑なルールはないので、お子様同士でも楽しめますよ。 推奨年齢:4歳以上 プレイ人数目安:2~6人 プレイ時間目安:15分。

口コミランキングトップ5

皆さん初めまして! 荒川と申します。私はとにかくボードゲームが好きで、愛が高じてボードゲームbarをオープンしたほど。残念ながら経営センスがなくお店は閉店しましたが、ボドゲ愛は不変。今回記事を書く機会をいただいたので、おすすめのボードゲームをご紹介させてください!

【山奥のリゾート】2泊3日!寝たら"即帰宅"の旅!Part1

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*