ベラジョンカジノのルーレットを徹底調査!遊べる種類やテクニックを紹介します

ルーレット攻略人気ゲーム – 903034

ビデオゲームのルーレットは、コンピューターが管理している環境下で遊ぶルーレットです。メリットとして、 自分のペースでまったり遊ぶことができます。

「対角線のセオリー」の真偽は!? ルーレットゲームの都市伝説に迫る!

ルーレットは「カジノの女王」とも呼ばれ、多くの人がプレイする人気ゲームです。しかしこのルーレットには0から36までの37通りがある「フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)」と0から36、そして00の38通りがある「アメリカンルーレット」の2つが主流とされます。この2つのルーレットはカジノのある国や地域によって採用しているものに違いがあります。 またルーレットの賭け方も当たる数字ひとつに賭ける「ストレート」や隣り合うふたつの数字に一度に賭ける「スプリット」などさまざまな種類があります。 また数字に賭ける「インサイドベット」、列などのカテゴリーに賭ける「アウトサイドベット」とあり、倍率なども変わってくるので見た目のシンプルさとは裏腹に賭け方や勝つための戦術も奥深く、勝つのはなかなか難しいものです。 そんなルーレットの攻略法として 「ベアビック法」 と呼ばれるものがあります。「ベアビック法」はルーレットの戦術のひとつですが、ゲームごとの勝率が94。 それでは「ベアビック法」はどのようにして行うか、やり方をご紹介していきます。 ゲームが始まったらディーラーがベットの終了となる「ノーモアベット」の言葉と共に、レイアウト(賭ける部分)を手でかざすまでの間はベットが可能なので、0と前回出た数字を除く35カ所にベットします。 前回出た数字がわからない場合は1から36の中で好みの数字ひとつをはずして賭けます。 例として前回の結果が「28」であれば、0と28を除くすべてにベットをしますが、自分が座っている位置によっては場所が遠いことがあります。また35カ所にベットをするのは時間がかかるので賭け終わる前に時間切れになってしまい、賭けきれなかった場所がヒットして負けてしまう、ということもあります。 これを防ぐために、「インサイドベット」と「アウトサイドベット」を複合させた「ベアビック法」を行うプレイヤーもいます。 これは前回出た数字がある列はストレートベットをし、残りの列はコラムベットに数字分(1ドルであれば12ドル)をベットすることで、複合させて「ベアビック法」を成立させるというものです。またオンラインカジノであればベットまでの時間制限がないところもあるので、こういったところでは「ベアビック法」がやりやすいと言えるでしょう。 「ベアビック法」のもうひとつのデメリットとして、1ベットが1ドルであれば毎ゲームごとに35ドルが必要となり、当たってもプラスは1ドルなので大きく勝てるものではありません。 さらに勝率は94。 いかがでしょうか。今回は「カジノの女王」とも呼ばれるルーレットの戦術のひとつである「ベアビック法」がどのようなものかや、やり方などをご紹介しました。 賭け金が高いわりに1回あたりの儲けは少なく、人によってはハイリクスローリターンとも考えられるベアビック法ですが、負ける確率が低いだけに少なくても勝ちたいという人には向いています。 ルーレットの賭け時間に制限のある現実のカジノでは賭け切るのも一苦労になってしまうので、オンラインカジノなどで使うのがいいとされる戦術なので、堅実なプレイを求めたい人はベアビック法を活用してみてはいかがでしょうか。

ルーレット攻略人気ゲーム – 890397

バナー・ベラジョンカジノ

ルーレットゲームはいつ発見されたのかと言うのは難しいですが、せめていくつかの起源に関する理論があると、それらは全部修道士との関係があります。主な見解の通り、年に修道院で隠れていた ブレーズ・パスカル というフランスの科学者はルーレット ゲームを発見しました。他の理論を見れば、ドミニカの修道士は昔のチベットのゲームのもとに、ルーレットを創造したということが分かります。そして、修道院でのつまらない生活で飽きれた修道士は楽しみのためにプレイし始めたという意見もあります。 それはともかく、 最初の事実のルーレットはフランスでのカジノでプレイされました 。「Roulette」という言葉はフランス語で「小さな輪」と意味して、ルーレットカジノゲームのフランスの起源を指しています。フランスで人気を集めて、速くイギリス、カナダ、日本、つまり、全部の世界で分布してきたので、現在のギャンブラーがルーレットオンラインと地上の種類を同等に楽しんでいます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*