2020年:日本版 IR決断の時

リゾート参入方針県レベルのカジノ – 522026

この2部構成のシリーズでは、Inside Asian GamingのCEOであるアンドリュー・W・スコットが候補地および候補事業者を深く掘り下げていく。

旅・おでかけの掲示板

横浜市は年8月22日、日本型IR(統合型リゾート:Integrated Resort)誘致に向けた構想を正式発表した。今後、国の基本方針を受けた実施方針の策定やIR事業者決定といった本格的な検討を推進。年代後半の開業を想定する。 DMO・観光局 MICE・IR クルーズ デジタル・テクノロジー 宿泊施設 旅行会社 行政・自治体・観光関連団体 国内旅行 海外旅行 航空 訪日インバウンド 調査・統計・マーケティング。 コラム インタビュー 取材レポート 図解シリーズ 注目企業 WIT Japan 今日のメルマガ トラベルボイス 英語版 イベント 世界の天気 株価 為替レート。 HOME ニュース 横浜市、統合型リゾート(IR)誘致計画を正式発表、米国大手「ラスベガス・サンズ」が参入に意欲表明。

日本版IRの申請開始が2021年前半に決定、大阪など自治体の動きも活発化、IRオペレーターの顔ぶれも徐々に明らかに

また、IRオペレーター候補の顔ぶれも具体化しつつある。自治体が民間企業からIRのコンセプトを募集しているRFC(Request for Concept)ないしはRFI(Request For Information)に対しては、大阪府・市がMGMリゾーツ・インターナショナル/オリックス、ギャラクシー・エンターテインメント・ジャパン、ゲンティン・シンガポール・リミテッドの3者から応募があったと年11月21日に発表。「大阪IR基本構想(案)で示している想定事業モデルにおける投資規模(億円)を上回る提案がなされるなど、十分な参画・投資意欲が確認できた」とコメントしている。 また、横浜市の山下ふ頭をめぐるIR誘致のRFIには7者が参加登録。横浜市は社名を明らかにしていないが、年1月29・30日に開催される「第 1 回[横浜]統合型リゾート産業展」に、ギャラクシー・エンタテインメント・ジャパン、ゲンティン・シンガポール、ラスベガス・サンズ、メルコリゾーツ&エンターテインメント・ジャパン、セガサミー、ウィン・リゾーツの国内外6社の出展が決定している。長崎県のRFCは4社。長崎県によると、オシドリインターナショナル、カジノオーストラリア、カレントのほか、1社が11月25日時点で非公表で応募しているという。29日までに要件を満たしているか審査のうえ、可否を通知する。長崎県の中村法道知事は11月22日開いた定例会見で、「長崎に関心を示してもらいありがたく思っている」などと語った。

リゾート参入方針県レベルのカジノ – 394044

有限責任監査法人トーマツ

IR2 - Yahoo. VIP Breckenridge. Curacao B Follow casinohikaku Tweets by casinohikaku PICK UP. PICK UP.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*