バカラ攻略と配当金・確率の話

確率事象ゲームライブディーラー – 196427

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。

関連記事(一部広告)

ではなぜブラックジャックなどは連敗を防げるかもしれないのかと言いますと、「 独立事象 (どくりつじしょう)でないもの」だからです。 ブラックジャックは、各ラウンドごとにカードをシャッフルしないで、そのままの デック で次のゲームを始めます。つまり次のゲームには前回使ったカードは含まれていない事が明らかなので、今までどのカードを使ったか覚えておく事により残りのカードが予測出来ますので、独立事象(影響し合わない)ではないという事です。チョットややこしいですが、つまりブラックジャックは、前回のゲーム結果によって次回のゲームの確率に影響するという事です。 これを利用すれば今まで使ったカードを覚えておく事により、次に出てくるカードを読む確率がだんだん高くなってきます。 ちなみにこれを カードカウンティング と言います。 ただしこれは シングルデック といってカードデッキが1つの時に有効な手段であり、カジノ側も対応策としてデッキの数を増やしたり、シングルデックの場合は賭け金のリミットを非常に小さく設定したりしています。 カードカウンティングというのは、独立事象ではないゲームであるブラックジャックなどで用いる攻略法として知られています。やり方は、今まで使用したカードを記憶する事により、残りのカードが把握出来、次に出されるカードを読める確率が高くなるという考え方です。カードカウンティング には色々な流派があるのですが、最も一般的な考え方をご紹介します。最も一般的なカードカウンティング今まで既に出たカードが エース や。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*