スマホで賭博「オンラインカジノ」に群がる闇世界の人々

マネーゲーム海外レースカジノ – 957248

ヨーロッパではオンカジが合法化 今やカジノ業界の4割を占める 「ただ、オンカジってヨーロッパでは合法化されていて、アンダーグラウンドな存在ではないのも事実としてあるんです。元々は、シチリアマフィアが資本だった会社もあるんですが、今では各国の株式市場に上場している会社も多く、健全化されています。我々は、そういった海外の合法的なライセンスを取得しているゲームシステムを借りる"フランチャイズビジネス"。有名主要サッカーリーグのスポンサーにも多く連ねていて、レアル・マドリードのスポンサーとなっている『bwin』もオンラインカジノ会社ですしね」  カジノがない日本ではなじみが薄いが、スウェーデンのように国家がオンラインカジノを経営しているケースや、イギリスのマン島やカナダなどのライセンス発行国も世界20ヵ所に及んでいる。また、国境を越えたオンラインカジノのシェアが拡大する中で、それまでの欧米中心からアジア諸国へと市場がシフトし、カジノ業界全体の収益の4割を占めるまでに至っていることも世界的な潮流なのだという。 「だから、オンカジ業界が今後、日本をターゲットにするのは、ビジネス的に必然的な流れなんです。市場規模が2兆円と予想されているのに、まだ日本にはどこのカジノも手つかずなんですからね。パチンコメーカーなんかは当然早くから目をつけていて、業界に投資しているんですが、最近はマネーロンダリングじゃないけど、裏社会からのあまり公にできない資金が流れ込んでるんですよ」  こうした動きの追い風の一つには、やはり、年の東京オリンピックに向けての「カジノ合法化」の動きがあることは無視できないだろう。  政府は、今年3月にもIR実施法案を提出する方針であり、審議が深まると同時に誘致レースも本格化する見込みだ。日本は米国、マカオに次ぐ世界3位のカジノ市場となる可能性を秘めていると言われるが、同じ事態がオンラインカジノでも見込まれているがゆえに、裏社会も反応しているのだろうか。

現金はダメだが、天丼ならセーフ!?

競馬、競艇、競輪、オートレース 2。 宝くじ、toto 3。

●優良カジノの絶対条件を調べて安心プレイを!

Sweetspot N。 はキュラソー島(オランダ領)で登録番号にて法人化され、キュラソー島(オランダ領)の法に則り、Heelsumstraat 51, Curacaoに拠点を置く企業です。 スポーツブック利用規約およびベットルールは、 カジ旅スポーツ利用規約 にてご確認ください。 お客様はギャンブルが合法である管轄区域に居住していなければなりません。お客様はオンラインギャンブルを禁止する管轄区域からウェブサイトにアクセスしたり、アカウントを登録したりしてはなりません。 また市民がオンラインギャンブルに参加することを禁止している国の市民である場合は、その場所に関係なく、プレーしてはなりません。遊んでいる地域のゲームが合法であるかどうかを知ることは、お客様の責任となります。 カジ旅口座への入金はゲームプレイに見合ったものでなけれなりません。したがって、Sweetspot N。

日本相手にマネーゲームを仕掛けたのが自業自得?日銀の凄い会話…

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*