【調査結果】デジタルコンテンツで最も利用される決済手段とは?決済手段導入のポイントを解説

決済サービスに一番人気のゲーム – 772472

今しか買えない株 逆襲の日本株!

■各種サービスの資料請求ご希望の方はこちら

緊急事態宣言に伴い電話対応を一時休止しております。 詳細は こちら からご確認ください。 近年、スマホの急速な普及により、電子書籍やオンラインゲーム、動画視聴サービスなどのデジタルコンテンツの需要が大きく伸びています。デジタルコンテンツの特性上、取り引きはオンライン上で完結することが多く、EC事業者さまにとってはどのような決済手段を導入するかが、悩みどころではないでしょうか。前回の 物販サイトで最も利用される決済手段に関するアンケート記事 に続き、今回は デジタルコンテンツ利用者が、最も利用する決済手段のご紹介や、デジタルコンテンツサイトで押さえておくべき決済手段のポイント についてアンケート結果を基に解説いたします。 最も利用する決済手段として「クレジットカード決済」「コンビニ決済」「キャリア決済」の順位は男女ともに共通ですが、 女性に関しては、コンビニ決済が10。 年齢別で見ると、10代のお客さまはクレジットカード決済の利用率が、他の年代に比べて圧倒的に低いことがわかります。理由としては、学生でクレジットカードが持ちにくかったり、そもそも必要としていない方も多くいるため、他の年代に比べ低かったということが考えられます。 その一方で、他の年代と比べて10代のお客さまはコンビニ決済やキャリア決済、プリペイドカード決済が大きく割合を占めています。 この結果から、 若年層をターゲットにした事業者さまはクレジットカード決済と同水準で他の決済手段導入をご検討いただく必要があるといえるでしょう。 ここまで、電子書籍や動画視聴サービス、ゲーム、アプリなどのデジタルコンテンツを購入するお客さまが最も利用される決済手段について、アンケート結果を基に解説してきました。物販サイト同様、やはりクレジットカード決済は、デジタルコンテンツにおいてもまず導入すべき決済手段といえるでしょう。 一方で、性別・年齢別で見た際の幅広い決済手段の利用結果を踏まえると、決済手段の導入を検討する際は、自分たちがメインとするターゲットは誰なのかを明確にした上で、クレジットカード決済に続く第2、第3の決済手段を検討していくといいでしょう。

一番使っているスマホ決済サービスは?

目次 スマホ決済の基本 スマホ決済は大別すると2種類 利用する決済手段はさまざま スマホ決済はポイント還元率に注目 主なスマホ決済サービスの特徴をチェック 1。 Apple Pay 2。 Google Pay 3。 おサイフケータイ 4。 PayPay 5。

「キャッシュレス決済」おすすめ比較[2020年]の記事一覧

スマホ決済アプリを利用することで、 キャッシュバックなど、様々なキャンペーンやサービスを受けられることが多い のも魅力 。 現支払いに時間を取られないだけでなく、お得にお買い物ができるチャンスもたくさんあります。スマホを持っているなら、スマホ決済アプリを利用しない手はないと言えますよ。 バーコードを読み取ってもらう方法なら、バーコードを表示するだけでOK です。一方の QRコードを自分で読み取る方法については、購入金額も自分で打ち込む必要があるので、若干手間がかかる場合もある ことは覚えておきましょう。 ただし、クレジット決済とプリペイド式のどちらも利用できるアプリの場合は、もしもの時のために、上限額をチェックしておくと安心。 クレジットカードの本人認証を行うことで、上限額が上がるアプリもある ので、利用前に本人認証しておくのがおすすめです。 スマホ決済アプリは、クレジットカードの会社や種類によって受けられるキャンペーンやサービスが異なる ことも。よりお得にお買い物をするために、クレジットカードからスマホ決済アプリを決めるというのもありですよ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*