信用取引のスイングトレードとは

スイング方法為替レート – 604553

基本の方針は、「薄利で多勝」。短期間で取引を行なうことにしています。ただし、きちんと ストップロス注文 を入れ、1、2万円の利益が出たら、利益確定するようにしています。最近は OCO注文 を利用して、利益確定の注文と、損切りのための逆指値注文を同時に出しておくといったこともしています。いかに自分の欲に振り回されずに、ある意味、システマチックに取引することが大切だと思うようになりました。このルールを守るようになってからは、3ヵ月間で20回ぐらい取引をして、18勝。今までの負けを取り戻すことができました。

FXスイングトレードの基本を解説!手法や注意点を紹介

逆指値(ぎゃくさしね)注文とは、ロスカット注文、ストップ注文とも呼ばれていて、「相場が上がって、指定したレート以上になれば買い」または「相場が下落して、指定したレート以下になれば売り」とする注文方法です。 一般的な指値注文では、「相場が下がって、指定したレート以下になれば買い」または「相場が上がって、指定したレート以上になれば売り」とするため、通常の注文方法と逆であることから逆指値注文と呼ばれています。 日中は仕事で忙しいなど、あまりFX取引に時間を費やせない人たちに人気の手法が「スイングトレード」です。スイングトレードとは、買ってから売る、売ってから買い戻すなど最初に通貨を取引してから売買(決済)する期間が数日間~数週間になる取引手法です。デイトレードよりも大きな相場の動き(トレンド)を狙って売買する分、1回あたりの取引では、より大きな利益になる可能性があります。一方で、24時間値動きがある金融商品を数週間持ち越すこともあり、損失が大きくなるリスクもあります。 ここでは、スイングトレードで大きな失敗をしないよう、正しい始め方や気をつけたいポイントなどを紹介します。ぜひ参考にしてください。

SBIグループサービス

会社員の方など、1日中相場に張り付いていることが難しい方にとって、1日で損益を確定させるデイトレード(日計り取引)は実践しにくい投資手法です。その一方で数年以上の単位で損益を確定させる長期投資の場合、相場を見なくなってしまい、相場の変調に気づかず、市場のショックに巻き込まれてしまうリスクもあります。 そこで数日から数週間で損益を確定させるスイングトレードであれば、例えば1日1回相場をチェックするくらいでも実践できますし、日々相場を見ることで相場観を鍛えることもできるでしょう。本レポートでは米ドル対円相場を対象にしたeワラントを活用したスイングトレードの方法について紹介しています。 為替相場にはFXを使って投資する手段もありますが、急な相場変動時においてはお客様の損失拡大を防ぐために自動で建玉を決済されることがあります。強制決済の後に相場が戻っても建玉は戻りません。これに対し、eワラントは評価額の急変動はあるかもしれませんが、満期日までお客様の保有eワラントが強制的に決済されることはありません。為替相場への投資手段としてこの機会にeワラントをご検討ください! スイングトレードはポジションを取ってから決済するまで数日から数週間となる取引手法で、相場が上昇していれば買い、相場が下落していれば売るという、相場の方向性に沿った順張り投資をすることが基本となります。 スイングトレードを実践するには、相場の方向性を把握することが第一段階となりますが、相場の方向性を判断するのにテクニカル指標を使うのも一手です。例えば、テクニカル指標のうちパラボリックを利用するなどしてトレンドを判断します。パラボリックは売り・買いのサインが分かりやすいため、初心者にも向いているかと思われます。また、デイトレード(日計り取引)ではないため、分足ではなく日足のチャートで分析するのがよいでしょう。パラボリックは各種サイトで閲覧できるほか、HYPER SBIでも閲覧ができます。 日足のパラボリックと米ドルを対象とするeワラントでスイングトレードをする場合、パラボリックで買いシグナルが出れば米ドル高型(米ドルリンク債コール)を買い付け、売りシグナルが出れば米ドル安型(米ドルリンク債プット)を買い付ける方法が考えられます。なお、買い付け時には既に保有しているeワラントは売却します。 仮に、図1の期間において、万円を元手に、パラボリックによるスイングトレードをeワラントで実践した場合にどうなっていたかを試算してみました。銘柄の選択にあたっては、買い、売り、それぞれのシグナルが出たときの米ドル対円相場に、一番近い権利行使価格の銘柄とし、該当する銘柄が複数ある場合は、満期日までの期間がなるべく長い銘柄を利用しました。トレンドが長期にわたり、保有する期間が長くなる可能性があるためです。一般的に満期日までの期間が長い銘柄は、満期日までの期間が短い銘柄よりも時間経過による目減りの影響が少なくなっています。 図2は万円の元手がどうなったかを示しています。この時期を通して2割ほどの資金が増えた結果となりましたが、2月3日に買い付けた米ドル安型(米ドルリンク債プット)の上昇が大きかったことが寄与しています。このようにトレンドに乗ることができれば大きな値上がり益を狙うことができます。ただし、パラボリックはトレンドが出ていないときは効きにくいという欠点があることに加えて、相場水準が大きく変わらずに時間だけが経過した場合は保有しているeワラントの目減りが大きくなるリスクもありますので注意が必要です。 小野薬 コール 第6回。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*