海外でクレジットカード決済するとき、日本円と現地通貨どちらで決済するべき?決済手数料・基準換算レートまで調査!

決済方法ユーロからドル – 123903

経済産業省 の調査によると、 韓国ではキャッシュレス決済比率が89。

現金を使うメリットとデメリット

更新日: 。

ご利用覚えのない請求に関して

海外、特にアメリカではクレジットカードやプリペイドカードの文化が発達しており、少額決済でもカードを使うシーンが多いと聞きます。イタリアでは、アメリカなどに比べるとクレジットカードでの決済は普及していませんが、現金を持ち歩くのもあまりおすすめできません。 地下鉄やバス停、車内でのスリや引ったくりが多発していて、新聞や雑誌などで手元を隠し、バックやポケットからお財布を盗む手口で被害も発生しているようです。必要最低限の現金を持ち歩き、クレジットカードは、お財布ではない別のところに入れて観光やショッピングを楽しんでください。万が一、スリや引ったくりにあって、カードを盗まれたとしてもカード会社に連絡すれば、そのカードの利用を停止することができるので安心です。複数のクレジットカードを持参しましょう。 現金決済のみの店舗が多く残るローマですが、スーパーマーケット、レストラン、観光名所になっている美術館や博物館では、クレジットカード決済用の小さな読み取り機"ポスシステム POS-Point of sales system "が設置されている場合が多いです。おつりなどでゴタゴタするのを避けるため、これらの場所ではカードでの決済をおすすめします。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*