「信憑性」の意味と使い方・例文・「信頼性」「真実性」との違い。現役記者がサクッと解説!

信頼性セガサミカジノ – 223189

では、Goldfireに追加された「IHS Standards Expert」とは、どのような情報源でしょうか。 例えば、特許情報であれば、実際には実用化されていない発明なども含まれています。よって信憑性はある一方で、すぐに実用可能かどうかという点には若干の疑問符がつきます。 一方IHS Standards Expertは、「実際に用いられている規格」に関する情報です。したがって、「不可能」な技術情報は含まれていないはずであり、『すぐにでも使えるような技術情報源』と言えるかもしれません。

様々な企業が「Goldfire」を活用しています

まず、「信憑」には「 信用して拠り所とすること 」という意味があり、それに物事の性質や傾向を表す接尾語「性」が付くことで成り立っている語が 「信憑性」 です。 そして、「信憑性」は「 信用できる、または信頼できる度合い 」を意味し、「(情報や証言、人の言葉などを)間違いないと判断できる度合いや程度」を表す語となっています。 このように「信憑性」は、「度合い・程度」という意味では「高い・低い」「富む・欠ける」といった程度の高低を表す語と共に用いられます。 一方、「信憑性が疑われる」「信憑性がない」「信憑性が薄い」「信憑性を与える」「信憑性を否定する」といった表現では、接尾語「性」による意味から「 信用に足る傾向や特徴 」という意味で用いられていると考えることができるでしょう。 まず、「信頼」には「信じて頼りとすること、信用して任せること」という意味があります。 そして、「信頼」に接尾語「性」を付けた「信頼性」は、「 信じて頼りとする、任せられる性質や傾向があること 」「 信じて頼りとする、任せられる度合い 」を表す言葉です。 このように「信頼性」は、「(製品や機械、システムやソフトウェアなどが)不具合などなく 必要な機能を果たす度合い 」として多く用いられますが、よりざっくりとした「(人や製品などを)信用して何かを任せられる度合い」という意味でも使うことができるでしょう。 一方、「信憑性」は「(情報や証言、人の言葉などを) 信じて根拠とすることができる 、もしくは 間違いないと判断できる度合い 」を表すという違いがあります。 まず、「真実性」は「 真実として認められる性質 」「真実であるかどうかの度合いや程度」を意味する言葉です。 そしてこの語は、たとえば以下のように用いることができます。

「信憑性」「信憑」の意味と使い方

The double room was large and separated into.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*