カジノ関連が株式テーマの銘柄一覧

オンライン合法横浜誘致IRカジノ – 551878

カジノを大阪に誘致することを考えたときに、 年に開催予定の万博前にカジノを開業することで相乗効果を狙っていました。 しかし、万博とIR誘致を同時進行し、 万博前にカジノを開業するのは現実的に難しい ため、現在では万博前開業を断念しています。

‘オンラインギャンブル’に関する記事

現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 IRカジノ法の成立前から、大阪や横浜、長崎など多くの自治体は、その誘致に血眼となっている。各々の地元住民からは強い批判や反対運動が起きているにもかかわらず、誘致合戦は今も止まらない。  住民の反対を無視して自治体が誘致計画と裏交渉を進めるのは、「IRカジノの誘致に成功すれば自治体財政が潤う」と信じ込んでいるか、「水面下で実は贈収賄があるか」のいずれかである。仮に前者だけでみれば、後述するように、それは「IRカジノ誘致依存症」「IRカジノ効果期待症」とでも名付けたくなるような錯覚である可能性が高い。  約20年前に石原慎太郎東京都知事(当時)が「お台場カジノ構想」を打ち上げた時は「カジノによる税収増」が喧伝され、次の猪瀬直樹都知事も数十年来の持論だったカジノ合法化による税収増を期待した。  実際、マカオでも米国ネバダ州でもシンガポールでも、ライセンス料・カジノ税・法人税等が徴収されており、後述するように日本のIR法でも相応の規定が定められている。シンガポールではこれらに加えて入場料(税)もあり、金額の差はあるが日本も同様だ。公営賭博と同じく規定に従ってそれが財源に充当されれば、自治体の税収チャネルにIR収入が新設され、そこに毎年膨大なカネが入るため財政が潤うーーという話になっている。  しかし、その税収は客が賭博に消費する金額の大きさに比例して増減するため、自治体の税収が増えるためにはカジノ賭博で客が莫大な金額を浪費しなければならない。  IR地域における収入の大半はカジノが生み出すと公言しているからには、税収を増やすためにカジノ賭博をどんどん奨励し、客の射幸性をあおり、カジノビジネスが大儲けし、複数の税チャネルから多額の納税が行われるーーという筋書きが想定されていなければ話の辻褄が合わない。  そもそも、IRカジノで客寄せして他の消費をさせるのか、他の消費で客寄せしてカジノをさせるのか。マスメディアが「日本はカジノがなければ外国人観光客を呼び込めないのか」さえ明らかにしていないものだから、いつまでたっても一般の国民は煙に巻かれてばかりだ。  IRカジノで潤う財源が税収であり、税収増の源が客の浪費であれば、その客は誰か、という話になる。安倍内閣は「外国人観光客」だと説明しているが、それは本当か。(つづく)。 ニュース 特設ページ 新型コロナ 蚊による感染はない? 虫さされが気になる時期、蚊を介しての感染はないのでしょうか? 暮らしのヒントを紹介します。

そもそも、なぜ大阪はカジノ: IR)誘致に賛成なのか?

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、CME Group Inc。 株探プレミアムのご紹介 会員登録(無料) ログイン。 日経平均 。 米ドル円 。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*