【にゃんこ大戦争】メキシコ: 第2章の攻略とおすすめキャラ

招待コードメキシコカジノ – 218769

IR実施法案 とは、 統合型リゾート地 (Integrated Resort 略してIR)のこと。 統合型リゾート地とは、国際会議場や展示施設、ホテル、ショッピングモールなどの商業施設、レストラン、劇場や映画館、遊園地、スポーツ施設や温泉そしてのカジノを含めた複合観光集客施設のことです。

メキシコ: 第2章のパーティ編成のコツ

自分のスキルを勝負に活かせる、ブラックジャックやポーカー等は、これが顕著に表れます 。基本的な知識をベースに、経験で大きく差が付くので、まず基本知識を身につければ、 特にブラックジャックは大きく勝率を上げられます 。

ラスベガス大全とは?

ゴールデンウィークにラスベガス旅行を計画している読者から、 「旅行代理店から 5月1日と2日は満室と言われてた」 、 「宿泊料が異常に高いのはなぜ?」 、 「アメリカにはゴールデンウィークなどないはず。やはり高い理由は日本人観光客が殺到しているから?」 といった質問が寄せられている。  たしかに以下の通り、平常時の10倍以上の料金(単位:ドル)を付けているホテルも少なくない。(以下は、ラスベガスの主要ホテルのゴールデンウィークの宿泊料金)  というわけで今週は、毎年恒例の 「5月初旬の土曜日の異常宿泊料」 について取り上げてみたい。 今年の5月1日と2日が異常に高い理由は、ずばりボクシング史上最高のマッチといわれる注目の一戦が予定されているからだ。  フロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)と マニー・パッキャオ(フィリピン)が 5月2日の夜に MGMグランド・ガーデン・アリーナで対戦する。  メイウェザーは 47戦無敗の王者、パッキャオは 6階級制覇のフィリピンの英雄で、同国の国会議員でもある。いずれ大統領になるのではないかとの噂もあるが、それはどうか。  このスーパースター同士のマッチは何年も前からファンの間で期待され、実際に 6年前から両陣営の間で何度も対戦交渉が進められてきたが、さまざまな事情で実現には至っていなかった。それがやっと実現するというのだから盛り上がるのも無理はない。(下の写真はアリーナと直結するMGMグランド・ホテルの外壁に掲示されたビルボード)。 ホテルの客室需要が高まれば料金も上がるのは当然のことだが、今回アリーナに用意される座席数はせいぜい 17,。約15万室あるとされるラスベガスにおいて、その程度の数の来訪者で宿泊料金がそんなに上がるものなのか、といった疑問もあるようだが、実は試合を見に来るのはアリーナ観戦の人たちだけではない。そもそも一般庶民は ドル以上もするチケットを買ってまでアリーナに足を運ぶことはしない。 実はかつてラスベガス・リピーターの常連読者から、 「なぜか毎年ゴールデンウィークの時期にボクシングで宿泊料金が高騰して迷惑を被っている。単なる偶然か?」 といった質問を受けたことがあるが、偶然ではない。ちゃんとした理由がある。 それは、近年のボクシング興行のビジネスモデルが pay-per-view の売上に頼るようになってきていることと、メキシコの戦勝記念日 「シンコ・デ・マヨ」 (5月5日) の存在だ。

おすすめ攻略記事リンク

にゃんこ大戦争における、メキシコ 未来編第2章 の攻略情報を掲載しています。メキシコ 第2章 で出現する敵やボス、ドロップやキャラの解放情報、採点報酬や出撃制限なども掲載しています。クリアできない方はぜひご覧ください。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*