米カジノ大手、MGMリゾーツが大阪IR参入を表明

を含む統合型リゾートジョリールズカジノ – 28921

豊富な資源を持っている北海道では、苫小牧がIR誘致の候補地として挙がっています。広大な土地や資源はIR開発には必要不可欠。地域の特性を活かして、自然共生型を コンセプト にIRを展開予定です。

IR誘致(カジノを含む統合型リゾート施設)の候補先

米統合型リゾート(IR)大手、MGMリゾーツ・インターナショナル日本法人のエド・バワーズ最高経営責任者(CEO)は13日、大阪府・市が募集するカジノを含むIRの事業コンセプトを提出する意向を表明した。 バワーズCEOは「心躍る、強いものを出したい」と述べた。 MGMを巡っては、オリックスが昨年末に覚書を結び、出資を検討していることを3月に発表。バワーズCEOはオリックスについて「IRをすごく研究・調査し、IRを作る情熱がある」と述べた。 予定地の人工島・夢洲(ゆめしま)への地下鉄延伸費の一部約億円の負担を求める募集の条件についても「喜んで負担する」と応じた。 Tweets by BettingfanClub。 話題のニュース 最大回のフリースピンが当たるチャンス!【クイーンカジノ】。

IR誘致(カジノを含む統合型リゾート施設)とは?

統合型リゾート (とうごうがたリゾート、 英 : Integrated Resort 、略称: IR )とは、 国際会議場・展示施設 などの MICE 施設、 ホテル 、 商業施設 ( ショッピングモール )、 レストラン 、 劇場 、 映画館 、 アミューズメントパーク 、 スポーツ 施設、 温浴施設 などと一体になった複合観光集客施設のこと [1] 。日本においては、 地方自治体 の申請に基づき カジノ の併設 を認める区域を指定して設置される予定である。 マカオ や シンガポール など、近年に統合型リゾートを設置した外国都市が国際的な観光拠点として多数の観光客を進める中で、 訪日外国人観光客 (インバウンド)を集めるプロジェクトの一つとして、日本国内への統合型リゾート設置が注目されている。しかし現行の 日本 の法制度では カジノ が違法とされているため、統合型リゾートの推進にあたっては、カジノの法制度化が大前提とされていた。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*