ラスベガスのカジノ全般の基礎知識

ベット額を上げたらカジノ法案入場料 – 123781

そこでやむなく、在日外国人に意見をきいたものがないか、インターネットで探してみたところ、サンプル数は20と少ないものの、マイナビニュースに「カジノを作ることに賛成?反対? 在日外国人の意見とは」という記事があった(17年12月18日掲載)。日本に住んでおり、日本人のことをある程度以上知っている人々の意見は、たとえ数は少ないにせよ、カジノの問題をじっくり考える上で参考になるだろう。

ラスベガス大全とは?

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。

関連記事(一部広告)

そこでやむなく、在日外国人に意見をきいたものがないか、インターネットで探してみたところ、サンプル数は20と少ないものの、マイナビニュースに「カジノを作ることに賛成?反対? 在日外国人の意見とは」という記事があった(17年12月18日掲載)。日本に住んでおり、日本人のことをある程度以上知っている人々の意見は、たとえ数は少ないにせよ、カジノの問題をじっくり考える上で参考になるだろう。 Powered by リゾーム?

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*