カジノ:シンガポールのギャンブル依存症患者はなぜ減ったのか?

法シンガポールカジノ – 721209

主に観光客からの収益や世界の貿易の中間地点として収益を上げているシンガポールは、オンラインギャンブル(インターネットを介して行うギャンブル)に対して、規制を行っています。これは、2014年に施行された遠隔賭博法による物で、これによってシンガポールでは、自国・他国の企業がオンラインカジノを含む、オンラインギャンブルの運営を出来ない様になりました。さらに、自国民であるシンガポール人には、世界中のオンラインギャンブルに参加する事事態が違法という事になりました。 更に、内容はもっとシビアで、オンラインギャンブルに関するウェブサイトは全て閲覧ができなくなる他、広告の掲載も禁止。決済関係も利用できなくなるという事です。 入金の手段も出金の手段も経ち、更に、ウェブの閲覧もできなくなるとは・・・。なかなか本格的な法案になっています。

シンガポールカジノの遊び方【初心者歓迎】

マリーナベイサンズホテルのカジノの やり方・遊び方や、賭け方の手順 を説明していきます。カジノが初めての方は、どの様に遊んだら良いか不安かと思います。 ここでは、できるだけ分かりやすく説明していきますので、少しでも参考になれば幸いです! シンガポールに2つしかないカジノ の内の1つ、マリーナベイサンズホテルカジノ もう一つはセントーサ島にあります 。 シンガポールに旅行・観光に行くのであれば、是非とも一度は足を運んでおきたい場所の1つかと思います。ただ、カジノは日本にはないため、どうやって遊ぶのか、やり方の手順が分からない方も多いかと思います。まず、知って頂きたいのが、カジノ内のゲームの種類! テーブルゲームで遊ぶ前に、チェックしたいのが 最低賭け金 Minimum Bet です。最低賭け金とは、賭けられる一番小さな金額の事で、マリーナベイサンズホテルのカジノのテーブルゲームだと最低でも 25ドル からとなっています。この最低賭け金額は、テーブルごとによって違うため、テーブルの上の電光掲示板や、ボードの表示を確認しましょう。高いものだと40ドルや50ドルなどもあるため注意です。 最低賭け金額を確認したら、次はテーブルの席につきます。この際、 初心者はあまり混んでいない テーブルを選びましょう。人が大勢いると緊張しますし、人が少ない方がディーラーさんも丁寧に接してくれます。

オンラインギャンブルが規制対象になった背景

カジノが初めての人や、海外旅行に慣れていまい人はマナーがまったくわからずに困ることもあるでしょう。シンガポールカジノのマナー ルール を簡単にご紹介しましょう。主にチップ 謝礼・ゲーム用 の話となります。 ルーレットのやり方・遊び方は0から37までの38種類の数字のどこに玉が入るかを予想して賭けるゲームです。専用のシートに専用チップを置いて賭けます。ルーレットのディーラーが「ノーモアベッド」 賭け終了 と宣言するまで何箇所賭けても、起き直しも可能です。自分の掛けたのが当たり目だったらディーラーが配当金をチップで出してくれますので、それを自分の手元に引き寄せて1ゲーム終了です。この繰り返しです。 ルーレットの掛け金の掛け方にはストレート 数字そのものをズバリ当てるやり方 や赤・黒で賭けるもの、偶数・奇数で賭ける方法、ロー 1~18 とハイ 19~36 やその中にミドルが入るタズンという掛け方もあります。ストレートに賭けるのが一番難易度が高いのでレートが高く、当たり範囲が広くなるほどレートは低くなる傾向にあると覚えておきましょう。

シンガポール政府がオンラインギャンブルに規制?

セントーサ島 にある複合リゾートの中にあり、ユニバーサル・スタジオ、世界最大の水族館マリーナ・ライフ・パークが有名。 中華系の来場者が多い為、 人気のテーブルゲームは シックボー (大小・タイサイと読む)や、バカラ がメイン。 結論から言えば、 VISAやMASTERは、問題なく使えますが、JCBカードは使えない場合が多く、さらに手数料が2%ほど加算される 為、メリットがないかもしれません。 完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*