スリーカードポーカー(富貴三公)とは?ルール・役・配当を解説

アンティパラダイスカジノ – 483399

前回はファーストゲームで、流れはそうそう来ないだろう、という判断でアンティを諦め、フォルドしました。 すると、次ゲームはこんな手が。 Aと8でそれぞれのペアが完成し、2ペアが出来ています。 5枚のみのカードで手役を作るカリビアンスタッド・ポーカーでは、2ペアは相当に強いハンド。 ここは迷わず勝負です!

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

最後のカードが配られるまで、プレーヤーはその時点でのベストハンドをもっているか、もっていないかのどちらかになる。 もっていない場合、この状況のことをbehind(ビハインド)と呼ぶ。 例) フロップ【J・10・9】のとき自分のハンド【A・K】。 check-raise(チェックRAISE)とは、あるベッティングラウンドでチェックした後にRAISEすることである。チェックRAISEは、single bet(1BET)が先に入っていたら降りるだろうけれどもチェックで回ってきたらBETしてくるプレーヤーに罠をしかけるためなどに用いられる。 このようなポジションBETしてくる プレーヤーにチェックRAISEは効果的である。 ビックブラインドをしたプレーヤーに戻して次のゲームに移ること。 これはホールデムにおいて、誰もブラインドに対してCALLしなかった場合に起CALLことがある。多くのカードルームではフロップが開いたときにのみ、rake(レーキ)を徴収することが多いので、これを避けるために、プレーするのではなくチョップに同意するわけである。アクションが多いテーブルにおいては、チョップしてさっさと次の勝負に移るためにチョップが成立ことも多い。 Wanna chop? Cold calling(CALLドCALL)とは、2Bet以上に対してCALLすることである。例えば、プレーヤーAがBET、プレーヤーBがRAISE、プレーヤーCがCALLした時、プレーヤーCは2BETに対してCALLしているのでCALLドCALLということになる。CALLドCALLは、AがBET、BがCALL、CがRAISE、AがCALL、BがCALLした場合のBのように1BETづつ 2回に分けて2BET分ポットに入れたCALLとは意味合いが全く違ってくる。 いかさまの一種。強いハンドが配られるように仕組まれたカード一式のこと。いわゆる積み込み。または、負けゲームが続くスパンをさすこともある。例)I have been hit by cold deck recently。

PARADISE CASINO

スリーカードポーカーはプレイヤー同士ではなく、ディーラーとの1対1の勝負 になります。プレイヤーは参加する際にアンティ(参加料)を払います。プレイヤーは自分が勝つかどうかに賭けるアンティの他に、自分のハンドで一定以上の役が揃うかどうかに賭ける「ペアプラス」にもベットすることができます。カジノによって変わりますが、アンティを支払わずにペアプラスのみにベットして参加することも可能です。アンティとペアプラスの両方に賭けることもできます。 ディーラーには裏向けに、プレイヤーには表向きに3枚ずつカードが配られます。スリーカードポーカーではカードの交換ができないため、この時点でプレイヤーはこのまま続ける(プレイ)か、降りる(フォールド)を選びます。プレイベットする場合はアンティと同額を賭けます。プレイベットは同額と決められているため、アンティより増やしたり減らしたりはできません。フォールドの場合、アンティは戻ってきません。 この時点でペアプラスの配当が決まりますので、ペアプラスのみに賭けていたプレイヤーはここで終了となります。 プレイにベットしたプレイヤーはディーラーとの勝負になります。この時、ディーラーはクイーンハイ(ノーペアかつA、K、Qのいずれかのカードがある状態)以上の場合のみ勝負をします。この条件を満たしていなければ、ディーラーは勝負を降りなければなりません。ディーラーが勝負を降りた際はプレイヤーに対してアンティと同額のチップが支払われますが、プレイにベットした分は引き分け扱いになり、配当を受け取ることができません。 ディーラーがクイーンハイ以上を持っている、かつプレイヤーのハンドがディーラーより強かった場合にプレイベットの配当を受け取ることができます。 ノーペア…1:1(2倍) ペア…1:1(2倍) フラッシュ…1:1(2倍) ストレート…1:1(2倍) スリー・オブ・ア・カインド…4:1(5倍) ストレートフラッシュ…5:1(6倍)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*