カジノ法案: IR整備法成立!カジノ事業の規制を弁護士が解説

口座作成カジノ入場制限 – 231896

IR(統合型リゾート)を設置するためには、誘致を望む都道府県などが事業者と整備計画を作り、国から認定を受ける必要があります。設置できる箇所数は、現時点では 3箇所 に限られていますが、 最初のIRの認定から7年 が経過した時点でその数を増やすかどうかを見直すことになっています。

IR整備法成立の経緯

本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。 オペレーショナルリスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 年公認会計士登録。 【オペレーショナルリスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内部監。 目次 カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認措置が講じられる IRビジネス参入においては、入場規制等を考慮した上での事業計画の検討が必要となる ギャンブル依存症(賭博依存症)関連記事 連載「我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点」のアーカイブ IRビジネスグループとは IRビジネスグループのアドバイザリーサービス IRビジネスグループの最新活動 プロフェッショナル 関連トピック。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*